富樫亮ライブラリー

テニスコーチのギャランティー改革

スクールコーチのレッスンフィを考える
テニススクールにおいて、経営者とコーチの関係を考えてみると、経営者自身がコーチも兼ねているというところ除いて、多くの場合コーチとの雇関係は、正社員、契約社員、アルバイトコーチの大きく三つのパターン分けられる。

注目レジャー・集客事業のキャッシュフロー評価「インドアテニススクール」

少子化時代の今日、子ども一人にかける費用は増加し、習いごさーと全般で消費活動が拡大している。
そのなかの一つにテニスがあり、スクール事業は追い風となっている。

「インドアテニススクール・クラブ」ビジネス研究

攻めの経営、現場意識改革に商機あり!
インドアテニススクール最新事業研究
子ども向けアニメ番組のヒットによるキッズ・ジュニア市場の活況を八発端としたテニススクールブーム。日本テニス事業協会が積極的な活動を繰り広げるシニア顧客の開拓推進企画「ゆうゆうテニス」などんよりこの2年テニス市場は拡大した。

TOPインドアステージ氷川台

先行投資を惜しまないオープン時の積極的な広報活動こそ初期集客戦略の要

2004年12月8日、東京都練馬区の東京メトロ有楽町線氷川台駅徒歩2分に位置する複商業施設にコート3.5面の規模でオープンしたインドアテニススクール「TOPインドアステージ氷川台」は、オープン後1月経過で会員数約2600人という高い集客力を誇る施設として注目を集めている。

テニススクールの原点を考える

最近テニススクールについて考えさせられることが多い。今年は例年より多くの困難を経てきたせいだろうか。
テニススクールそのものが本当にこれでよいのだろうか。

テニススクールの原点を考える

月間レジャー産業

この原稿は 1998 年綜合ユニコム「月間レジャー産業」の 3 月号~8 月号の連載記事と11月号の記事を合わせ 6 回分の掲載原稿に少し手を加えたものです。
何分10年以上前のもので考え方が古い部分もありますが資料としてお役立ていただければ幸いです。

1.テニス施設の発展と展開について:日本のテニススクールの歴史とその背景
2.テニスコーチのギャランティの考え方:「成果報酬」について

月間レジャー産業